雲と広い海

格安航空会社の飛行機って大丈夫なの?

時々、飛行機のトラブルのニュースを目にしませんか。エンジントラブルもあれば、飛行機同士のニアミス、離発着に関するトラブルなどさまざまです。
そういうこと起きたんだ、くらいで気にしてない人もいるでしょう。
しかし、いざ自分が乗るとなると大丈夫なのかと思いがちです。
では、格安航空券で乗る飛行機も大丈夫なのでしょつか。

格安航空会社の飛行機の特徴は

整備士のお兄さん
格安航空券で乗れる飛行機も、大手のANAやJALと格安航空会社によってことなります。
大手のANAやJALだと、その航路に合わせて、また人数や採算なども考えており、機体がそれぞれ異なります。
そのため、部品の準備や整備にも手間もかかりやすくなります。
一方、格安航空会社の飛行機の場合には
航路も限られており、またもともとの予算もあるため、機体の種類は1~2種類と限られています。
そのため、部品も限られており、整備も逆にしやすくなっているのです。
つまりは、整備士の確保もしやすく、整備も均一化されるので、安全性は高まりやすいと言うことになるのです。

パイロットはどうなっているの?

あと、機体についてもだいたいは就航時に新しい機体を購入して使っています。
ですので、その時期の最新の機体を使っていて、格安航空会社の飛行機とはいえ、機能的に大手並みだったり、優れている場合もあるのです。
機体についての不安も払拭してよいでしょう。

では今度は、パイロットの方が気になります。
格安航空会社の場合、パイロットの育成もしているところもあるでしょうが、中途採用や引き抜きも多くあります。
即戦力のパイロットなので安心してください。
また、先にあげたように機体の種類は少ないので、パイロットへの負担も少なくてすむと言われています。
機体の種類が変わることで、パイロットへの緊張や負担も変わるからです。
そういう面でも実は思っていたよりも、安全性はいい方向に向かっていたのです。

格安航空会社でも欠航の判断は適切?

格安航空券で飛行機に乗れますが、安い分、より多くの乗客を運ぼうとしています。
そのため、悪天候でもついつい無理して飛ばしたりするなんてことはあるのではと思いませんか。
欠航しやすいかどうかの航空会社ごとのランキングを見ると、それほど大手のANAやJALと格安航空会社では差は見られません。
つまりは、大手でも格安航空会社でも、欠航の判断は変わらないということです。安全性は近いと言うことでよいのです。
機体、パイロット、欠航の面から見ても格安航空会社でも安全性は高いと見て大丈夫でしょう。

Similar Posts:

    None Found

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 選択肢が増えた格安航空会社、初めて利用してみたい人へのポイント! All Rights Reserved.