雲と広い海

格安航空券を子供でも利用できるのか

夏休みやお盆、正月には家族で旅行なんて人も多いでしょう。
観光地にいったり、美味しいものを食べたりと楽しみもたくさんです。
そんな旅行ですが、家族で旅行となると頭を悩ませるのが、お金です。
子どもがいても、航空チケットで安く済ませることはできるのでしょうか。
また格安航空券を子供でも利用できるのでしょうか。

格安航空会社だと大人扱い?

男の子
子どもといっても赤ちゃん~3歳児、また少し大きくなって小学生低学年、高学年、中学生とさまざまです。
やはり幼児だと親御さんから離れて座席なんてことは無理です。
高学年ならば大丈夫というようにだいぶ変わります。

そんな子どもですが、格安航空会社だと3歳未満は大人1人に対し、子ども1人までは無料です。
膝にかかえたりだっこしておけば、座席をとらなくてもいいから、無料となります。
しかし、3歳以上だと座席を用意しないといけませんので、有料となります。

そして料金も子供割引はなく、大人扱いとなります。
そもそもがかなり安くなっているので、これ以上の割引はありません。

子ども割引をしてくれるのは大手のANAやJAL

格安航空会社にたいし、大手のANAやJALでは、まず、3歳未満までは無料となり、12歳未満までは半額となり、それ以上は大人扱いとなるのです。
格安航空会社に比べると、正規料金が高くなっているのもあって、子どもに関しては割引を用意しています。

なお、格安航空会社の場合、座席の指定については無条件に有料となり、実は思ったよりもお金がかかります。
それに比べると運賃以外は座席指定などにお金がかからないので、大手のANAやJALの方が金額もわかりやすく、子どもも座席で横にならんで座れるので安心感は大手があると言えそうです。

子どもへのサービスは

大手のANAやJALでは、機内での乗客への配慮やサービスは無料です。
ですので、安心感はやはり大手が勝っています。特に子どもがいて、幼児だと騒いだり泣いたりしがちです。
そうなると周りの乗客へ迷惑をかけないか心配でしょう。大手ならば安心感も高いです。

一方、格安航空会社でも、幼児にはたとえば絵本をいくつか渡して、おとなしくさせたり、またその会社のオリジナルキャラのぬいぐるみをわたすなどしたりするところもあります。
あとお母さんが授乳したいときにサポートしたりするところもあるのです。会社や添乗員により差はあるようですが、子どもへのサービスは素直に相談してもいいかもしれません。

安心できるかで選ぼう

子どもがいるときには、格安航空券で飛行機に乗ることばかりにこだわらずに、安心感や周りへの配慮を優先させた方がいいのではないでしょうか。

Similar Posts:

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 選択肢が増えた格安航空会社、初めて利用してみたい人へのポイント! All Rights Reserved.