雲と広い海

格安航空会社からキャンセルされる日がくるかも!?

あなたは、普段から飛行機に乗っていますか。仕事で出張で乗る人もいれば、プライベートで乗る人も多いです。そんな飛行機に乗ったときに、やはり満杯よりかはすいている方がゆったりできるなんて思ったりしませんか。
特に格安航空会社だと、なおさらそう思うかもしれません。

ところがそんな空いているとき、格安航空会社の飛行機に乗れなくなるかもしれないと知っていますか。

乗客が少ないときに欠航を


格安航空券とはいえ、必ずしも飛行機が満席になるとは限りません。
繁忙期があってその頃は予約を取ろうとしても取れないこともあります。
ところがその一方で閑散期もあって、やはり格安航空会社とはいえ、経営は厳しいものです。

その頃はもちろん、普段でも空席が目立つときの対応として、なんと格安航空会社から国土交通省へと空席が多いときには欠航ができるようにしてほしいという申請をしたそうです。
ですので、国土交通省についても、それを認めるかどうか検討を始めたそうです。
もしもこれが認められればなんと、機体の故障や天候など仕方ないときではなくても、格安航空会社の意向によって、自由に決行できると言うことです。
つまりは、経費を押さえることになります。しかし、乗客にとっては目的地につけず、困ることとなってしまうのです。

なお、機体の故障や天候などの場合には欠航になっても、お金が乗客に返ってくるわけではありません。
もしもこれが認められれば、かなり乗客にとっては痛手となるのは間違いありません。

現在は乗客の呼び込みに必死

現時点では、欠航にすることはなく、少しでも乗客を増やすための努力をしています。大手のANAやJALだと早割も1日前なんてものはありませんが、格安航空会社だと、1日前までの早割を用意しています。そこまでしてでも、乗客を呼び寄せようとしています。

またある格安航空会社だと、当日もランダムですがやはり空席の目立つ航路の運賃を下げた格安航空券を急遽、キャンペーンで販売しています。離陸の3時間ほど前まで受け付けていたりします。
このようにして少しでも、空席を減らす努力はすでに格安航空会社が行っているのです。

普段から情報収集を

現在はこうしたより格安にしてでも飛ばそうとしているので、ぜひこまめにホームページをチェックしたり、運賃の比較サイトをチェックして情報を集めればよりやすく乗ることも可能です。

しかし、もしも今回の申請が通れば、これはなくなるかもしれません。この申請に関しても、ぜひアンテナを張り、動向を注目しておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 選択肢が増えた格安航空会社、初めて利用してみたい人へのポイント! All Rights Reserved.