雲と広い海

なぜ格安航空券ができるのか、その理由を知ろう

飛行機も以前は片道で何万円もして、高い運賃でした。そうそうプライベートでは乗れるものではありませんでした。ところが格安航空券の登場で、より手軽に乗ることが可能です。片道ならば1万円を切ることもあり、今の時代に無くてはならないものとなりました。
でも、そもそもなぜあんなに安くできるのでしょうか。

機体の種類が少ない

飛行機のシルエット
格安航空会社があれだけ安くできるのは、やはり大手との違いがいろいろとあるからです。
その違いを知ればあなたも納得したり、利用したいと言う意欲にも影響するかもしれません。
まずは、飛行機本体です。大手のANAやJALは、様々な種類の機体を用意しています。
航路に合わせて機体の大きさも変えています。
しかし、格安航空会社となると機体はほぼ1種類だけです。

機体の種類が少ないとそれだけ、メンテナンスの手間もかからなくなったり、メンテナンスをする要員の育成の費用や部品代もかからなくなってきます。
また、どの格安航空会社でも新しい機体を用意しているので、故障も少ないためコスト削減につながっているのです。
ただし、こういった機体の少なさが遅延や欠航に繋がっているとも言えます。

座席数を増やしている

大手と比べると、座席数についても数を増やしています。
それだけ1回当たりの乗せる人数を増やすことで、より利益アップにつながっています。
乗る人の満足度では下がることもありますが、乗る人は増えたのです。それにより利益を還元することで、格安へとつながるのです。

格安航空会社の場合、大人の男性だと足が組めない、窮屈さを感じやすいです。
しかし、スターフライヤーやエアドゥのように大手並みの座席数や座席の幅にして差別化を図るところもあります。

離陸を予定通りにする

空港の電光掲示板
格安航空会社だと、航路は大手と比べるとかなりすくないです。
また、同じ機体を何度も使い回して運行しているのです。ですので、もしも離陸が遅れればあとはドミノ倒し的に、次も遅れていくことになるのです。

また、飛行場に長い間止まるだけでも実はお金がかかっています。駐機料金と言われており、これもコストになっています。
そこで出来る限りの予定通りに飛ぶことで、遅延防止とコスト削減になっているのです。

サービスは有料化すること

格安航空会社の飛行機に乗ると、大手のドリンクサービスが有料となります。
また荷物を預けるのでもチェックが厳しく、有料です。これにより利益をあげたり、燃料費へと回すこともできて、やはり、コスト削減になるのです。

こうしたことを重ねていくことで、格安航空会社は格安航空券を出すことができるのです。
格安は、格安航空会社の努力のお陰とも言えるのです。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 選択肢が増えた格安航空会社、初めて利用してみたい人へのポイント! All Rights Reserved.